Home » Diary » GoogleノートブックでGTDをやってみた

Check     このエントリーをはてなブックマークに追加

ITMediaの記事に習って、Googleノートブックを利用してGTDをやってみた。

GTD(Getting Things Done)自体をよく知らなかったのですが、

ようはやりたいこと、やらなければならないことなどを全て洗い出して整理、

そして定期的にそれをレビューしましょうということですかね。

簡単に言ってしまうと、 ToDo管理手法の一つなのかなと。

まとめサイト があるので、そこでどういうものか知ることができる。

 

 

先にやってみた感想はというと、、、

頭の中の片隅にあったやりたいことが整理されてすっきり!

と同時にこんなにやるべきことがあるのかと思い

げんなり。。

とはいえ、しばらくやってみようと思うのだが、

どうやってやったかメモしておく。

 

1.GoogleノートブックとGoogleカレンダーの準備

googleのアカウントがあれば、

http://www.google.com/notebook/

http://www.google.com/calendar/

でログインすれば、使える状態になる。

また、ブラウザのプラグイン(FireFox,IE用)も一緒にインストールする。

ITMediaの記事にあるように、 ノートブックを設定する。

google-notebook-gtd1

記事との違いは、「GTD:終了」という項目を追加したこと。

終了したものをごみ箱でなくて、やったことのリストとして残したかったため。

 

2. 「収集」GTD:受信箱にとりあえず、思いついたやるべきこと、やりたいことを書き出す

いろんな場面を想定して、なんでも思いついたことを一覧にする。

たとえば、仕事のタスク、プライベート、自己啓発 etc..

自分の場合、すべて出すまで1時間くらいかけてみた。時間のない場合はまた

付け足せばよい。

 

3.「処理」GTD:受信箱に入ったリストを他のリストに移していく。

http://image.itmedia.co.jp/bizid/articles/0606/28/fig_gtd.gif

ここを参考に、振り分けをする。慣れてくればすぐに振り分けできる。

このとき、スケジュールできるものはGoogleカレンダーのほうに

直接書き込んでおいた。

 

4. 「整理」振り分けた各GTD:の中を整理

振り分けたものを項目ごとに整理する。

自分の場合下記のようにしてみた。

google-notebook-gtd2.jpg

分類を作成するには、セクションの追加をすればできる。

ちょっとおおざっぱですが、今後レビューで改良されるはず。

 

5.「レビュー」

ここの頻度を参考にして今後レビューしていこう。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0607/21/news010_3.html

 

6.「実行」あとは実行あるのみ!

 

しかし、これをやっていて思ったが、Googleノートブックはむちゃ使える!

実は今回はじめて使ったが、GTD以外にも、メモとしてフルに使えそうだ。

とくにFirefoxのプラグインを利用すれば、気になった記事とかも、

その記事のテキストをドラックして選んで、右クリック→ メモを追加とすれば、

URLと記事がメモになるという機能は、すばらしい。

 

Check     このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: