Home » PHP, Programing » symfonyで携帯開発の指針

Check     このエントリーをはてなブックマークに追加

PHPのsymfonyフレームワークを使って、携帯Web開発する場合の指針を書いてみた。

指針

  • 対応機種は、DoCoMoのFoma,PDC、AUは3GC対応端末、Softbankも3GCのみ
  • Web、メールともに絵文字変換はキャリア側の変換に頼る
  • 画像はjpeg,gifのみを利用
  • ページサイズはxhtmlが9KB以内、全体で100KB以内
  • 1テンプレートで全キャリア対応

jkondoに憧れて » 超手抜きでウェブサイトをモバイル対応 2008

こちらの方に影響されてます・・・

そして、 やるべきことは、

と、こんな感じ。

なお、プロジェクトの中に、PC用ページ、携帯用ページが混在し、アプリケーションレベルで分けることを意識する。

次回以降、ひとつずつ解決していくのでお楽しみに。

Check     このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: ,
  • 渋谷の寒空のほげほげ

    PDC対応しなければ、文字コードはUTF8が使えて、PCと両対応の場合の負担が少ないと思うのですが。。。

  • 渋谷の寒空のほげほげ

    PDC対応しなければ、文字コードはUTF8が使えて、PCと両対応の場合の負担が少ないと思うのですが。。。

  • ueblog

    確かにそのとおりですね。
    ・1テンプレートで全キャリア対応

    ・CSSはインラインで書き、HTMLはxhtml basicで書く(PDCはHTML)
    両立してないです^^
    ちょっと検証してみて、記事を書き換えます。

  • ueblog

    確かにそのとおりですね。
    ・1テンプレートで全キャリア対応

    ・CSSはインラインで書き、HTMLはxhtml basicで書く(PDCはHTML)
    両立してないです^^
    ちょっと検証してみて、記事を書き換えます。