Home » PHP, Programing » eAcceleratorをインストールしてみる

Check     このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、サーバのphpが遅く感じるので、、PHPのソースを解析し、中間コードをメモリにキャッシュしてくれる、eAcceleratorをインストールしてみました。php5.2対応。

手順

SourceForge.net: eAcceleratorからソースをダウンロード、解凍。

# tar xvfi eaccelerator-0.9.5.2.tar.bz2

# cd eaccelerator-0.9.5.2

configureとmake,make install (phpize、php-configのパスは環境に合わせて変更)

# /usr/local/bin/phpize

# ./configure –enable-eaccelerator=shared –with-php-config=/usr/local/bin/php-config

# make & make install

make install後に表示される、パスをメモっておく。

Installing shared extensions: /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/

control.phpをWebの公開ディレクトリにコピー

# cp control.php /usr/local/apache2/htdocs/

control.phpの認証部分を編集

# vi /usr/local/apache2/htdocs/control.php

$user = “admin”; //適宜変更
$pw = “eAccelerator”; //適宜変更

キャッシュディレクトリ作成と権限変更(ユーザ、グループ名は環境に合わせて)

# mkdir /tmp/eaccelerator

# chown daemon:daemon /tmp/eaccelerator

php.iniの編集、zend_extensionは先ほど、make install時にメモした値に/eaccelerator.soのパスを追加した値を書く。

#vi /usr/local/lib/php.ini

[eaccelerator]
zend_extension = “/usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/eaccelerator.so”
eaccelerator.shm_size = “64″
eaccelerator.cache_dir = “/tmp/eaccelerator”
eaccelerator.enable = “1″
eaccelerator.optimizer = “1″
eaccelerator.check_mtime = “1″
eaccelerator.debug = “0″
eaccelerator.filter = “”
eaccelerator.shm_max = “0″
eaccelerator.shm_ttl = “0″
eaccelerator.shm_prune_period = “0″
eaccelerator.shm_only = “0″
eaccelerator.compress = “1″
eaccelerator.compress_level = “9″
eaccelerator.keys = “shm_and_disk”
eaccelerator.sessions = “shm_and_disk”
eaccelerator.content = “shm_and_disk”
eaccelerator.allowed_admin_path = “/usr/local/apache2/htdocs/control.php”

apacheを再起動

service httpd restart

これで完了。あとはcontrol.phpを見ながら、 eaccelerator.shm_sizeでキャッシュする量を変更する。

eAccelerator

実際にphpを利用しているサイトにアクセスしながら、Memory Usageをチェックすればよい。

Check     このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: